宝塚市売布神社駅の求人・アルバイト談|19歳で洋菓子店でバイトしました

私の初めてのアルバイトの経験は、19歳、宝塚市に住んでいる時の事でした。自分の興味がある物や事が学べるアルバイトをしようと決めていたので、大好きなケーキを扱う洋菓子店の求人を確認して連絡してみました。

 

宝塚市には洋菓子店が沢山あり、どの店でアルバイトをしてみるかとても迷った記憶があります。売布神社駅近くに良さそうなお店の求人を見つけたので、電話してみるとパティシエと販売員を募集しているということで、すぐに面接日が決まりました。私自身は販売員を経験してみたかったので、明るく元気な所をアピールして面接に挑みました。それが功を奏したのか後日採用の連絡が来て、初出勤する運びとなりました。

 

実際に出勤する前の洋菓子店の販売員のイメージは【笑顔でケーキを販売するだけ】というものだったのですが、いざ出勤してみると力仕事が多かったように思います。そこで私が経験した洋菓子店の販売員の1日をご紹介しようと思います。

 

まず、朝9時に売布神社駅から歩いて出勤し、制服に着替えお化粧をチェック(勤務していた洋菓子店ではお化粧は必須だった為)して入念な手洗いを済ませ、工場のパティシエの方達へ挨拶します。その後、ケーキの在庫や予約の有無を確認して前日の在庫のケーキを工場の冷蔵庫からショーケースへ並べます。

この時、ホールケーキ、ロールケーキ、ショートケーキが大量に入ったものを重ねて運ぶのでとても力がいります。10時のオープンなのでスピード勝負です。ケーキをショーケースへ並べ終わると今度はレジへのお金の入金をします。前日に残しているお釣り用のお金の金額の増減がないか確認し、入金します。

 

そしてやっとオープンです。オープンすると当日仕上げたケーキが続々と工場から運ばれてくるので在庫に書き加えながらショーケースに並べます。その間、ケーキを入れる箱や袋の補充、予約等の電話応対、宝塚市内の他店からのケーキの在庫状況や発注の確認等を営業時間中に行います。本店にいる場合は資材やケーキも大量に配送車に乗せる作業も販売員の仕事なのでバタバタと走り回っています。もちろん、その間もお店にお客様がいらっしゃるので接客もしつつ対応します。店が20時に閉まる為、閉店間際にはお客様も少なくなります。そうなると、残りのケーキの在庫確認や掃除、明日の予約の確認等を行なっていきます。閉店するとショーケースからケーキを工場の冷蔵庫へ移動して、レジの売り上げを計算して終了です。

 

毎日バタバタと1日を過ごしていました。ある程度いろんな仕事が出来るようになる半年程でアルバイトから社員へ昇格しました。そのまた1年後、宝塚市のエリアマネージャーへ就任しました。コツコツとしっかり仕事をこなして後輩指導も行っていたからかあっという間にエリアマネージャーになることが出来、アルバイトからでも昇格できるんだと嬉しく思ったのを覚えています。この経験は私に自信を与えてくれました。やはり大好きなものに囲まれて仕事をして良かったと心から思いました。

宝塚市の求人情報1000件以上掲載

ラヅカワークスで求人を探す