フリーランス・御手洗さん

コンサルタント 御手洗さん
早稲田大学、大手人材会社等を経て2018年に独立。現在フリーランスとして活動中。
宝塚市出身。

平成生まれ宝塚育ち。野球に没頭した少年時代。

御手洗さんは宝塚市ご出身と聞きました。

宝塚駅の近くに実家があって、逆瀬台小学校・光ガ丘中学校・宝塚西高校と、生粋の宝塚育ちです。ただ、高校卒業して早稲田大学に進学してからはずっと関東です。今は横浜に暮らしていて、月に数日、宝塚に戻ってきています。

宝塚市で育った少年時代、何か思い出はありますか?

野球に熱中していました。小学生では宝塚リトルっていう硬式野球チームに所属していて、全国大会にも行きましたよ。今ヤクルトスワローズで活躍している山田哲人くんはそのときのチームメイトで、僕のちょっとした自慢です(笑)。

早稲田大学ではどのような学生ライフを送りましたか?

寮生活が思い出に残ってますね。600人が住んでいる自治寮なんです。自分たちで頭使って、協力して、巨大な寮を運営したことは本当良い経験になりました。それと体育会が毎年あって、騎馬戦がめちゃ面白かったです。もう殴り合いに近くて、よくあんなんやってたなぁって(笑)。 *気になる方は「和敬塾 騎馬戦」で検索を。

野球に寮生活と、御手洗さんは仲間との活動がお好きみたいですね。

たしかにそうだと思います。「一人じゃできないこともみんなでやればできる」っていう感覚が好きですね。その証拠にフリーランスになった今も、人と関わる仕事ばかりやっていますから。根本的に人間好きな性格なんだと思います。

宝塚市の求人情報はラヅカワークス

バリバリ働く日々、そして訪れた思わぬ転機。

現在フリーランスで活動されていますが、その前は何を?

会社員でバリバリ働いていました。大手の人材紹介会社に4年ほど在籍して、それからIT企業で新規事業の立ち上げをやりました。

しかし充実した仕事生活ではありましたが、残念なことに次第に体調を崩してしまって、やむなく退職することになったんです。

そうだったのですね、大変でしたね。

でも自分の働き方を見つめ直す、思わぬ転機にもなりました。振り返ってみると、会社員時代は無理して働いていた面もあったんじゃないかと。決まった時間に通勤したり組織のルールに従うことが、自分に合わなかったのかもしれません。

だったらそういうのから一切解放されて、自由な時間に自分の好きなことで生きていこうと。なのでフリーランスとして働くことにしました。

宝塚市の求人情報はラヅカワークス

たくさんの夢に挑戦していく。

フリーランスになってみて実際どうですか?

おかげさまで毎日楽しく過ごしています。仕事内容としては主に企業の採用支援ですね。採用の企画から戦略立てたり、面接を手伝ったりとか。あとは新規事業のお手伝いや、アプリ制作なんかもやっています。好きな人たちと一緒に、好きな仕事ばかりやっているので、本当楽しいですよ。

これからの目標はありますか?

やりたいことがまだまだ山のようにあるので、1つずつトライしていきたいです。挑戦者のコミュニティを作りたいなとか、みたらい農園(親戚が経営する愛媛のブランドみかん農園)をもっと多くの人に知ってもらいたいとか、本当いろんな夢があるんです。もちろんこの宝塚でも、地元活性化に繋がるような何かをしたいなと思っています。

宝塚市が好きなんですね!

そうですね、大好きです。大学から関東で生活するようになって、地元愛が一層増しました。手塚治虫や宝塚歌劇といった誇れるものもありますし、何より自分が育った街だし、何かしら力になりたいですね。

宝塚市の求人情報はラヅカワークス

御手洗さん、ありがとうございました!

宝塚市の求人情報1000件以上掲載

ラヅカワークスで求人を探す