宝塚市売布神社駅の求人・アルバイト談|花屋は意外と重労働です

売布神社駅に住んでいる私は、どのときラヅカワークスで新しい仕事を探していました。いつかフラワーアレンジメントの仕事をしたいと思っていたので、花屋のアルバイトでもないかなぁと思っていた矢先、自宅から徒歩圏内に花屋の求人が出ていました。

 

このアルバイトを始める前までは、花屋の仕事というのは、綺麗なお花に囲まれて楽しい事ばかりなイメージがあったのですが、いざアルバイトが始まってみると、意外にも体力が必要である事がわかりました。お店が開店すると同時に花を店先に並べるのですが、その量がかなり膨大で、アルバイト二人で行なっても、かなりの重労働で大変でした。

 

そして、花に対する知識もかなり必要である事がわかりました。花はもともと好きでしたが詳しいという訳ではなかったので、最初にした事は、レジを覚える前に、店内の花の名前をすべて覚える事でした。なかには、初めて見る花もあり分からない事もありましたが、お客さんに聞かれた時にわからなかったら困るので、必死に覚えました。

 

わからない花の事は、その都度先輩に名前と特徴を聞くようにしました。そして安易に水をあげてはいけない事もその時に教えてもらいました。中には水の量が多いと枯れてしまったり、綺麗に花が咲かないものもあり、くれぐれも気をつけるようにと言われました。わからない事があれば必ず確認してから世話をするようにと言われました。それぞれの花の違いを覚えるのは大変でしたが、とても勉強になりました。

 

お客さんによっては誕生日や結婚記念日など、特別な日に花束を必要とする人もいて、花束を頼む人もいました。ですが、ラッピングとは違い、お客さんのために花束を作る事は、私のような素人には出来ないので、側でアシスタントのような事をしていました。間近でプロの仕事を見られるのは、フラワーアレンジメントの仕事をしたいと思っている私にとっては、まさに感動の連続でした。

 

花のラッピングも回数をこなす度に早くなり、先輩にも誉められました。ときどき、中にはどの花を買って良いかわからないので選んで欲しいと言われて困惑する事もありました。

その時は、お客さんの好きな色や普段聞いている曲などを聞いて、出来るだけ気に入ってもらえる花を選びました。私が選んだ花を見てお客さんが喜んでくれた時には嬉しかったです。花屋でアルバイトをして良かったのは、お客さんの笑顔を見た時です。

 

先輩はとても厳しくて、最初は辛く感じる事もありましたが、仕事の合間には何度も声をかけてくれて、職場はとてもアットホームな感じでした。私がフラワーアレンジメントの仕事をしたいと言った時には、資格がとれるようにとアドバイスもしてもらえました。そのおかげでかなり上達しました。唯一困った事は、やはり水を毎日使うので手が荒れる事が多かったという事です。クリームなどをつけて気を付けてはいたのですが、どうしてもあかぎれが増えてしまい、お客さんに花束を渡す時に手が荒れているのが申し訳なかったです。

 

絆創膏が増えると心配される事もあるので、手のケアは必ず行うようにしていました。そして花を配達する時には助手として手伝うこともあり、かなり重たい鉢植えなどを運ぶ事もあるので、ギックリ腰にならないように、日頃からストレッチやマッサージを必ず行うようにしました。

 

売布神社駅の花屋のアルバイトは、最初に思い描いていたようにはなりませんでしたが、綺麗な花に囲まれた仕事はとても精神的にも癒されましたし、花の事は今まで知ってはいたつもりでしたが、知らなかった事も多く、アルバイトを通じて、花の事を詳しく知る事が出来たので、ラヅカワークスで求人を見て花屋のアルバイトを選んで良かったと思いました。

 

遅い時間のシフトになった時には、会社帰りのサラリーマンの男性が、奥様の為にバラの花を買って行くなんて事もあり、その時にとても照れくさそうにしていたのが印象的でした。花屋でアルバイトをしていると、様々なお客さんと触れ合う機会があり、そこにはまるでドラマのような展開もありました。プロポーズを控えている男性には店の許可をもらい少し花を多めに包んだ事もあったのです。後日、奥さんとなった人と店を訪れてくれた時には、とても嬉しかったです。

 

宝塚市には花屋の求人はあまり無いとは思いますが、もし見つけた際はチャレンジして損は無いはずです。心からおすすめできる仕事です。

宝塚市の求人情報1000件以上掲載

ラヅカワークスで求人を探す