宝塚南口駅の求人・正社員体験談|病院での医療事務は単なる事務では無い

私は、現在は宝塚市の宝塚南口駅にある、病院の事務職員として勤務しています。正社員として、医療事務の総合職として勤務していますので、一つの部署で勤務する事は無く、今までも、これからも、様々な部署に配属が予定されています。

 

病院を目指したきっかけは、家庭の中で家族が病院にお世話になる機会が度々あり、病院に携わりたいと思ったからです。しかし、私は文系の大学に通っていました。医師や看護師の勉強などは全くしておらず、経済系の勉強ばかりしていました。経済の知識でも病院に携われるのは何か、と考えれば、事務職員でした。

 

徹底的に企業研究を行い、何とか他者と差をつけ、正社員として採用していただく事ができました。入職すると、まずは医事課に配属されました。医療事務の人がいる部署、と言えばわかりやすいかと思います。まずは患者様と触れ合う現場を知ってほしい、という理由から配属されました。今までは病院と言えば、患者として訪れる事ばかりでした。しかし、実際働く側として訪れると、全く異なる視点になりました。

 

病院は、医師や看護師というイメージが強いです。しかし、まず患者様が病院に訪れて誰とコミュニケーションをとるかというと、医事課の職員です。受付や料金支払いなど、医療行為以外の手続きは医事課で行うからです。

 

私は、医療事務や医事課職員こそ、病院の顔として、まず患者様と接するんだな、と強く理解しました。医療事務、というと事務だけを行う、という勝手なイメージがありました。しかし、医療の現場と患者様をつなぐ重要な役割を担っており、これまでの視点が全く変わりました。

 

正社員として雇っていただいた以上、病院の堅実な運営に尽力したいと考えました。そこで、患者様と積極的にコミュニケーションを取るようにしました。体調は大丈夫ですか、前回よりはよくなっていますか、等です。簡単な事ではありますが、患者様から「よく聞いてくれるね。ありがとう」と言って貰えた事に、大きなやりがいを見出しました。

 

勤務の一日の流れとしては、出勤後は軽く打ち合わせした後、すぐに医事課の現場に向かいました。そして、開院後はお昼の休憩まで、患者様の受付や、お金の支払業務等を行います。お昼休憩をはさんだ後に、再び患者様の受付業務を行います。夕方の最終受付時刻まで行った後に、最後の書類をまとめる作業を行います。レセプトという、患者様の情報を入れた書類が有るのですが、その書類がまとめ終わると、その日の仕事は終了となります。

 

患者様の情報を把握し、医療を提供するプロセスの一端を担う仕事ですので、大変なやりがいがありました。しかし、突発的に病気を抱えた患者様が来院される事が有るので、一切のミスが許されない事態になる事も有り、その時は大変でした。しかし、突発的な事態にも冷静に対応できる応対能力は身につきました。

 

医事課である程度経験を積んでからは、現在の総務課に配属されました。現在は人事を担当しており、医師や看護師など、現場を支える人材から、事務職員をはじめとする、バックアップを行う人材を採用・育成する仕事に従事しています。

 

宝塚市の宝塚南口駅にある病院ですので、求人を出せば、応募者は多いと先輩職員に言われました。しかし、その中からいかに患者様に寄り添った人材を確保できるか、本当に病院のために尽力してくれる人を確保するかは、喫緊の課題でした。

 

私は、大学生の時のアルバイトで、新人教育の経験が有ります。その時、マニュアルで教育するだけではなく、一人一人に寄り添った応対をする必要があると、理解しました。そのためには、人材の性格を把握する必要があると考えました。この時の経験が正社員の現在に活きており、志望者の性格を分析したうえで、どう病院に貢献してくれるか、こちらから引き出す面接や人事を行うようにしました。

 

様々な取り組みを続けた結果、今は問題なく求人を出し、人材確保に取り組めています。採用後も、基本的なマニュアルなど、全職種に共通した事項を教育する役割を担っています。その役割を果たし、一人一人が一人前になってくれる事が、何よりのやりがいとなっています。

 

現在は医事課から総務の人事になっています。しかし、この二つの仕事だけでは、少ない面からしか病院運営を眺める事はできないと考えております。他にも経理や庶務など、多岐に渡る仕事が存在しています。事務総合職として正社員で勤務する機会をいただけましたので、これからは全ての仕事に携わり、病院が地域社会においてどのような役割を担っているのか、理解する日々を送りたいと考えています。

 

宝塚市は、近隣の駅も含めて、病院の数は決して少なくありません。病院は医療を提供し、損得感情なしで働く、という事は大前提にあると思います。しかし、それ以上に「他の病院よりも、この病院にしよう」と思っていただける取り組みが必要です。私はこの宝塚南口駅での医院で、他に類を見ない、差を見せつける取り組みに、これからも従事したいと思います。

宝塚市の求人情報1000件以上掲載

ラヅカワークスで求人を探す